Spot 南アフリカ観光スポット

Spot 南アフリカ観光スポット

二つの国にまたがる唯一の砂漠のサファリ『カラハリ・トランスフロンティア・パーク』

砂漠には何も無いと思っている人が多いと思いますが、乾燥した風景と赤い砂丘が独特で神秘的な場所、カラハリ・トランスフロンティア・パークへ行ってみましょう。

カラハリ・トランスフロンティア・パークは、ゲムスボックのように移住性のある野生動物を保護するために開かれた、南アフリカの旧カラハリ・ゲムスボック国立公園と、隣接していたボツワナの旧ゲムスボック国立公園が統合されてできています。これら二つの野生のワンダーランドを分けるものは、何の印もない国境のみ。この公園は約37000km²の広さを持ち、ブロンドの草、赤い砂丘、そして広大な平地の半砂漠の荒野です。

2000年に南アフリカ初の国境を越えた事業となり、二国間をパスポート無しで移動できる様になりました (入った国から必ず出ることが決まりです)。カラハリ・トランスフロンティア・パークの生態系を一つの団体で管理することは、砂漠保護への大きな前進となり、さらに、マタ・マタの国境を開いたことは、南アフリカ、ボツワナ、そしてナミビア間の好アクセスに結びつきました。この国境は、公園とその南にあるオーグラビース国立公園、そして西のアイ・アイス・リクタースフェルド・トランスフロンティア保護地域も結んでいます。

カラハリ・トランスフロンティア・パークの北には、ナミビアの26000km²の広さを持つ、シュペルゲビート国立公園があり、その隣には、世界最大の保護地域の一つ、ナミブ・ナウクルフト国立公園があります。近い将来、これら全てが統合され一つの公園(メガ・トランスフロンティア・パーク)になる予定です。

隣人と共有するという意味の、アフリカの精神「ウブントゥ (Ubuntu)」のもと、植物と動物達の砂漠の楽園を守るために、日々努力と改善が行われています。

【旅の計画に役立つヒントと情報】

◆問い合わせ先
SANパークス (SANParks) 予約センター
電話: +27 (0)12 428 9111

◆行き方
ケープタウン北部のアピントンから、カラハリ・トランスフロンティア公園のゲートがあるトゥイエ・リヴィーレンへと北に向かいます。

◆ベストシーズン
この辺りは砂漠気候となり、夏 (3月から11月) はとても暑く、冬 (6月から8月) は、日中は穏やかで快適ですが、夜は非常に寒くなります。春と秋が最も過ごしやすくおススメです。

◆おすすめツアー
南アフリカ側ではゲーム・ドライブのツアーもありますが、自分の車で旅行する方が便利です。4×4車、または車高の高い車がお勧めですが、必須ではありません。

◆滞在期間
数日の滞在がおすすめ

◆持ち物
夏には涼しくて動きやすい服。冬には夜のために防寒着を持参しましょう。カメラと双眼鏡をお忘れなく。帽子と日焼け止めは常に携帯しましょう。

★ご存知ですか?

南アフリカ側にはケータリング可能な宿泊施設やキャンプ施設があります。マタ・マタとトゥイエ・リヴィーレンには豪華なロッジもあります。