Spot 南アフリカ観光スポット

Spot 南アフリカ観光スポット

ジャカランダ・シティの愛称で親しまれる行政の首都、プレトリア

ヨハネスブルグから北へ50キロメートルほどの地点に位置するプレトリアは政府機関や官庁、諸外国の大使館が集結する南アフリカの行政の首都。マハリスバーグ山脈の丘陵地帯に囲まれた街には歴史的建造物が数多く点在し、コロニアル様式にアールデコや南アフリカの伝統建築の要素が加わった独特な趣を体感できます。

街のランドマークであるユニオン・ビルディングは南アフリカ政府の中枢機関が集まる建物。12年もの歳月が費やされ1913年に完成したこの建物は、当時の国の名称だった南アフリカ連邦=Union of South Africaに由来しています。

小高い丘の上に建つフォールトレッカー・モニュメントは独立国の建国のためにケープ地方からこの地に辿り着いたボーア人開拓者の歴史を讃える記念堂。ズールー族との戦いに勝利した12月16日の正午になると建物の天井から差し込む日光が「我は南アフリカのためにあり」とアフリカーンス語で記された碑の文字を照らすように設計されています。

歴史に関心のある方へのオススメはフリーダムパーク。南アフリカが辿った「自由への道のり」を概括する広大な公園には、トランスヴァール共和国の元政治家でとして知られるポール・クルーガーの住居が博物館となって残されています。ちなみにサファリで有名なクルーガー国立公園は彼の名にちなんで命名されています。

プレトリアは高等教育・研究機関が集まることでも知られ、アフリカ最大規模を誇る南アフリカ大学をはじめツワネ工業大学、プレトリア大学などがキャンパスを構えています。この他、南アフリカ大統領の公邸(Mahlamba Ndlopfu)や南アフリカ準備銀行、ロフタス・ヴァースフェルド・スタジアム、国立劇場といった建物などもプレトリア市内の見どころとして挙げられます。特徴的な様相と歴史を体感できるプレトリアの街には南アフリカのどこよりも落ちついた雰囲気が漂い、訪れる旅人はきっと居心地の良さを感じるに違いありません。

そして何より忘れてならないのは、プレトリアには「ジャカランダ・シティ」の愛称があるということ。街路樹として植えられている約7万本のジャカランダは、南半球が春を迎える10~11月頃になると毎年一斉に花を咲かせ、プレトリアの街中を鮮やかな藤色に染め尽くします。もともとはブラジルから持ち込まれたとされるジャカランダの花は、プレトリアの人気アトラクションのひとつで、この時期には日本からも大勢の観光客がプレトリアを訪れています。2010年には日本と南アフリカの国交樹立100周年を記念するイベントの一環として、プレトリアで桜の植樹が行われるなど、日本との交流も深い国際都市のひとつでもあります。

null

★ご存知ですか?

ジャカランダには藤色の花に加えて、白い花を咲かせる種類もあります。