Spot 南アフリカ観光スポット

Spot 南アフリカ観光スポット

自然景観、静寂、上質なワインを満喫できる ケープ・ワインランド

ケープタウンを擁する西ケープ州には、世界有数の自然景観が楽しめる18本の公式ワインルートと2本のブランデールートが縦横に延びています。それぞれに個性豊かなルート沿いには数百年もの歴史を有するワイナリーが点在しています。

世界的人気を誇るワインの生産地であるケープ・ワインランドは、ワイナリーでのテイスティングはもちろん、ワインの製造過程の見学ツアーや洗練された料理、ショッピング、美しい自然景観などが楽しめる南アフリカ有数の観光地として、地元はもちろん世界各国からの旅行者を魅了し続けています。

上質なワインの生産地として注目を集めるワインランドは西ケープ州南西部のケープ・オーバーバーグ地方からリトル・カルー地方、ウェストコースト地方を経てノーザン・ケープ地方へと広がっています。この中で最も知られているのがケープ・ワインランドで、世界最長のワインルートと言われるルート62もここに位置しています。南アフリカにはこの他、フリーステート州やダーバンのあるクワズールー・ナタール州、さらにヨハネスブルグのあるハウテン州にもワイン畑が存在しています。

ケープ・ワインランドにあるワイナリーでは伝統的なケープ・ダッチ様式の建築物を数多く目にすることができ、広大なぶどう園と美しい山々を背景に絵になる構図を魅せてくれます。また多くのワイン生産地では18世紀にヨーロッパから移住してきたフランスのユグノー教徒やオランダ人、ドイツ人らが残したヨーロッパ文化の名残を見て取ることができます。

スピアー・ワイン・エステートはケープ地方で最も古いワインセラーで、現在に至るまで上質なワールドクラスのワインを製造しています。
南アフリカ最古のワインルートとして知られるステレンボッシュ・ワインルートの歴史は1971年にまで遡り、国際的にも定評あるスパークリングワイン「J.C. ル・ルー」はここで生産されています。
ケープタウンから東へ車で2時間ほどの地点に位置する町、ロバートソンには国際的なワイン賞に輝くシラーズやソーヴィニョンブラン、シャルドネのワインを製造しているロバートソン・ワイナリーのホームタウンとして知られています。

ワインに加えてブランデーの生産地としても有名なウェリントン地方には、ラグビーの南アフリカ元代表で日本のトップリーグでも活躍したスカルク・バーガー氏が所有する「ザ・スカルク・バーガー&サンズ・ヴェルベダッハ・ワインエステート」があります。
ケープタウン、ステレンボッシュに次いで南アフリカで3番目に長い歴史を誇る町、パールは世界的に広く知られるネダーバーグ・ワインエステートをはじめとした数々の高級ワインの生産地として人気を集めています。
ケープタウンから最も近いワインの生産地、コンスタンシアには年間を通じて数多くの旅行者が訪れています。
フランシュフック・ワインバレーにはワイナリーはもちろん、国内有数の人気レストランが点在する南アフリカのグルメタウンとしても知られています。

null

★ご存知ですか?

グルート・コンスタンシア・ワインエステートは南アフリカ最古のワイナリーとして知られ、その歴史は1865年まで遡ることができます。