Spot 南アフリカ観光スポット

Spot 南アフリカ観光スポット

ケープタウン近郊のアキラ私営動物保護区でビッグファイブサファリ体験

南アフリカ旅行に欠かせない体験と言えばゲームドライブ(サファリ)。サファリというと、南アフリカ北東部に位置する野生動物の宝庫、クルーガー国立公園を思い浮かべる方が多いかもしれませんが、南アフリカ有数の観光都市であるケープタウン近郊でもビッグファイブと出会えるサファリは体験できるます。今回は限りある期間や予算でサファリが楽しめるアキラ私営動物保護区をご紹介します。

アキラ私営動物保護区へはケープタウン市内から車で2時間ほど。7,500ヘクタールもの敷地を有する広大な保護区にはゲームドライブでも特に人気のビッグファイブと総称される大型野生動物のバッファロー、ゾウ、ライオン、サイ、ヒョウが生息しています。美しい地形とワイルドフラワーが絨毯のように広がるクライン・カルー地方のランゲバーグとオウテニカマウンテンの間に位置するこの保護区には、ビッグファイブの他にもカバやキリンをはじめ170種にのぼる鳥類が生息しており、様々な野生動物との出会いは訪問する人々の記憶に刻まれる貴重な体験となっています。

アキラ私営動物保護区を旅程に組み入れやすい理由のひとつに、ケープタウンから日帰りでゲームドライブが楽しめるという点が挙げられます。早朝にケープタウンを出発して現地で朝食を済ませると、いよいよゲームドライブへ出発!およそ2時間半のゲームドライブを満喫したあとは、ケープタウンへ戻る午後3時半までプールでのんびり過ごしたり、ギフトショップで買い物も楽しめます。予算にゆとりのある方には、ヘリコプターまたは飛行機で西ケープ州2番目の高さを誇る雄大なヘックスリバーマウンテンや広大なブドウ畑の上空を通過し、アキラ私営動物保護区へ移動するプランも用意されています。

せっかくの機会に少し贅沢したいという方には、アキラ私営動物保護区に併設された4ツ星宿泊施設でのラグジュアリーな滞在もおすすめ。朝夕のゲームドライブはもちろん、乗馬サファリや四輪バイクサファリをはじめ、保護区周辺ではゴルフや釣り、サクランボ狩り(11〜1月)なども体験できます。プレミア、ラグジュアリー、そしてスタンダードの3タイプあるシャレーとブッシュコテージのどれもがブッシュの奥まった場所に配置されており、それぞれにユニークさと快適性を兼ね備えています。茶色やベージュといったアースカラーを多用するとともに藁やスレート、岩といった自然の素材を基調とした装飾が施されており、プライバシーの保護と各部屋から望める美しい風景に特別な配慮がなされています。バーが備わる2つの大きなプールからは保護区を見渡すことができ、アフリカンスタイルのダイニングエリアと2つの小さなダイニングエリアには赤々と燃える暖炉とシガーバーが設けられています。その他にも図書室や子供向けのエンターテイメントエリアがあり、快適かつ贅沢なひとときが約束されています。

このようにアキラ私営動物保護区では、まるで冒険のようなエキサイティングで贅沢な宿泊体験が楽しめる他、野生動物に関する教育活動にも取り組んでいます。保護区ではこの地域のチーターを、保護目的に厳重な管理態勢の下で飼育しており、訪問者にチーターに関する教育的な概論を学ぶ機会を無料で提供しています。

null

★ご存知ですか?

アキラ私営動物保護区は、元英国首相のマーガレット・サッチャー氏や国際的人気歌手のリアーナ、またパリス・ヒルトンに至るまで世界中のセレブリティが訪れています。