Spot 南アフリカ観光スポット

Spot 南アフリカ観光スポット

ペンギンに出会えるボルダーズビーチ

ペンギンと出会えるサイモンズタウンのボルダーズビーチには毎年約6万人の観光客が訪れ、愛くるしいペンギンを観察するとともに、よちよち歩く姿を写真に収めています。
ボルダービーチはケープペンギンを間近で見ることができる世界で唯一の場所。入口に南アフリカ国立公園が管理する案内所、そして海岸には遊歩道が設けられたことで、ペンギンとの出会いはより簡単に楽しめるようになりました。

ケープペンギンはかつて、その騒々しい鳴き声からジャッカス(雄ロバ)ペンギンと呼ばれていました。ナミビア南部からポートエリザベスにかけての地域にコロニーを形成して繁殖しています。しかし環境破壊、海鳥による卵捕食、ペンギンが好む繁殖地のグアノ(海鳥などの糞の堆積物)が削り取られてしまったために、ケープペンギンは生存の危機に陥っています。種全体としても多くの脅威に晒されており、この海辺に暮らす飛べない鳥は絶滅危惧種に指定されています。

ボルダーズビーチは住宅地の近くでケープペンギンがコロニーを形成する珍しい例のひとつ。ケープタウンのペンギンコロニーが初めて知られたのは1983年に1組のつがいがボルダーズのフォクシービーチで発見された時。ペンギンたちはダイアー島からフォルスベイにやって来たのです。当時の、商業的漁業が禁止されていたフォルスベイは餌が豊富で、繁殖に適した場所を見つけたペンギンたちはボルダーズビーチに定住し、その数を増やしていきました。

しかし約30年後、ボルダー海岸のペンギンたちは困難な状況に陥ります。車や人間の存在、繁殖地争いのためにペンギンたちは安全とは言えない環境に巣を作ることになり、その巣は捕食生物や自然の脅威に晒されやすくなってしまいました。気候変動の影響で餌となる魚が減り、悪天候の頻度が増えたことも相まって、ペンギンの雛の数は激減しているのです。

そこで雛鳥の減少に歯止めをかけ、安全な繁殖環境を作り出そうとボルダーズビーチ公園の管理事務所は人口巣箱を設置。そして南アフリカ沿岸鳥保護財団(SANCCOB)とダイアー島保全トラスト、南アフリカ国立公園も貴重なサイモンズタウンのペンギンの保護活動に取り組んでいます。

旅の計画に役立つヒントと情報

◆問い合わせ先
南アフリカ国立公園
電話: +27 (0) 12 428 9111
Eメール: reservations@sanparks.org

◆アクセス
ボルダーズビーチ(Boulders Beach)は、ケープタウンから丘陵地帯の半島を越えてすぐの場所にあるサイモンズタウンにあります。バス、車、タクシー、または電車で簡単にアクセスできます。車の場合、ケープタウンから約30分。

◆ベストシーズン
幼いペンギンの毛が生え代わるのは1月。大人のペンギンは2〜8月にかけて、繁殖期に向けて餌をたくさん食べます。海で餌を採ることが多くなる9〜10月にかけては、ビーチで見られるペンギンの数が少なくなります。

◆地域周辺
南アフリカ海軍の基地が置かれるサイモンズタウンには海軍博物館がいくつかあります。また近くには美しいビーチが数多くあります。

◆交通手段
ビーチに設けられた遊歩道を歩きながらペンギンの姿を間近で楽しむことができます。また、入口付近には南アフリカ国立公園局が運営する案内センターが設けられています。

◆予算
遊歩道を利用する際には保全料として少額の支払いが必要となります。

◆宿泊施設
サイモンズタウンやフィッシュフック(Fish Hoek)など、ケープタウン周辺の街には手頃なものから豪華なものまで、予算に応じて様々な宿泊施設が選べます。

◆食事
サイモンズタウン、フィッシュフック、カーク・ベイ(Kalk Bay)、ミューゼンバーグ(Muizenberg)など、ボルダーズビーチ周辺の街では新鮮なシーフードが楽しめるレストランが数多くあります。

null

★ご存知ですか?

サイモンズタウン、フィッシュフック、カークベイ、ミューゼンバーグなど、ボルダーズビーチ周辺の街には、美味しいシーフードレストランがたくさんあります。